『月並』が平凡を表わすのはなぜ?

月並といえば、平凡を表わす言葉ですよね。

しかし、よくよく考えてみれば月はこの世に1つしかない大きな星です。

とても平凡には思えませんよね。

どうして、『月並み』という表現になったのでしょう?

 

月並が平凡を表わす理由にはあの偉人の発言が

月
By: dvs

そもそも『月並』とは、『毎月の』『月に一度の』という意味で使われていた言葉です。

江戸時代の末から昭和にかけて、月ごとの俳句を詠む会が『月並俳諧』と呼ばれるようになりました。

 

この『毎月の』という意味の『月並み』が平凡を指すようになったのは、俳人として有名な正岡子規の発言からです。

 

月並俳諧で詠まれている俳句は、陳腐で理屈がちなものが多かったようですが、俳句や短歌の革新をライフワークとしていた正岡子規は、そんなありがちなものばかり作る月並俳諧を実に平凡でつまらないと批判しました。

その言葉から、月並が平凡という意味を表わすようになったということです。

 

教科書で習った偉人の発言から一つの言葉が作られるようになったというのは驚きですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク