ティーカップが他の陶器よりも薄い理由

コーヒーが苦手な人でも紅茶なら飲めるという人が多いほど、紅茶は万人受けする飲み物です。

最近はペットボトルのものでも美味しいものが出ているので、なじみ深い飲み物になっていますよね。

 

しかし、他人の家など訪問先で温かい紅茶を出されるとき、そのカップの薄さに緊張することはありませんか?

もしかしたらお高い陶器のものかもしれないと思ったら、華奢な作りの取っ手を持つ手もふるえてしまいそうになりますよね。

なぜ、あんなに薄くつくられているのでしょう?

 

ティーカップはなぜ薄く作られるようになったのか?

ティーカップ
By: Laura D’Alessandro

ティーカップが薄く作られているのには、れっきとした理由があります。

それは主役である紅茶を引き立たせるためです。

 

ご存知の通り、紅茶は本来、透明度の高い澄んだ液体です。

ティーカップはその紅茶の液体をより美しく見せるため、薄い磁気で光が通るように作られているのです。

 

口が広いのも、同じく光を通しやすいためです。

光を通した紅茶はより澄んでキレイに見えるという理由から、ティーカップは薄く作られているのです。

 

スポンサーリンク