野球で三振を『K』と書く理由

野球の花形と言えばホームランですが、投手目線で言うと、やはり三振をとるというのが、見栄えが良いものです。

実際、奪三振が重要な記録として扱われているように、投手の能力を測る一つの指標にもなっていますね。

 

この三振ですが、『1試合で10個の三振を奪った』というようなとき、『10K』と書きます。

実は、この三振をKと書くのは、元々スコアブックでの表記が元です。

しかし、なぜ三振がなのでしょうか?

 

俗説や誤りを含めるといくつも説がある

野球スタジアム
By: prettyemmy

野球の本場であるアメリカでは、三振のことを『strike out』と言います。

であるにもかかわらず、スコアブックにはと書くことに違和感がありますよね?

 

これには以下のように、いくつかの説があります。

  • strike outの『k』からとったものの、Sが頭文字の『Sacrifice』(犠打)『Steal』(盗塁)『Steal Out』(盗塁死)などと間違えないように
  • スポーツライターのヘンリー・チャドウィックが考案。「struck」の末尾の「K」を採った。上と同じく『Sacrifice』などと間違えないように
  • 「Knockout」のKを摂ったという説。これは俗説ともされる
  • 「kill(ed)」のKを採ったとする説
  • ルールブック編集者がアウトにする方法を適当に箇条書きし、アルファベットを一文字ずつ振っていった結果、たまたま三振のところに「K」が振られたとする単なる偶然説

 

このように色々あり、現在も定かではありませんが、他の単語と間違えないように『K』としたというものがしっくりきますね。

 

スポンサーリンク