魚ではないのに、酒の『肴』(さかな)と言う理由

本物の『呑んべえ』と呼ばれる人を除けば、お酒を飲むときに欠かせないのが、『つまみ』です。

近畿地方では酒の『あて』と呼びますが、別の言い方をすれば、『酒の肴』(さけのさかな)という呼び方があります。

 

しかし、ここで疑問に思う人がいると思います。

『酒の肴(さかな)』と言うのに、魚ではない場合もよくあります。

どういうことなのでしょう?

 

酒の肴の語源に理由が隠されていた

日本酒とおちょこ、つまみ
By: Jeff Kramer

実は、『肴』という漢字は、魚が語源ではありません。

むしろ、『魚』の語源が『肴』なのです。

 

どういうことかというと、肴とは『酒菜』とも書きます。

『菜』はおかずのことです。

 

つまり、『酒菜』は

酒のためのおかず

という意味で、魚に限らず肉や野菜、果物などもひっくるめて、酒のつまみは全て『酒菜』だったのです。

 

ただ、好まれるものに魚が多かったので、次第に魚そのものを『さかな』とよぶようになりました。

 

それ以前、『魚』は『うお』と呼ばれていたせいで呼びづらく、そのこともあって『さかな』という呼び方が自然と広がっていったと言われています。

 

スポンサーリンク