おにぎりとおむすびの違い、知ってる?【一分間雑学】

お弁当の定番メニューであり、日本人になじみ深いものといえば、おにぎりです。

最近は具のバリエーションも増え、また形や海苔の有無も含めるとさまざまなものがありますよね。

 

バリエーションといえば、呼び名も他にあります。

そう、『おむすび』です。

『おむすび』という呼び方は比較的年配の方が言っているイメージがありますが、実際はどういう違いがあるのでしょう?

 

おにぎりとおむすびの違い
By: WordRidden

 

おにぎりとおむすびは同じ意味だが…

辞書を引くと、おにぎりとおむすびは両方とも、ご飯を握った『握り飯』を丁寧に言った言葉であると書かれてあります。

ただ、言葉の由来を見てみると、そこには明確な違いがあることがわかります。

 

調べてみると、『おむすび』の方が古来からあった言葉です。

古代日本では、天地万物あらゆるものを生み出す神様『産霊(むすび)の神』を信仰していました。

当時の人々は尊い作物であった米を炊いて握ったものを産霊の神に供えていました。

それが、室町時代頃になると、宮中の女官たちの間で『むすび』と呼ばれるようになり、丁寧に『お』をつけて『おむすび』になったという説があります。

 

一方、『おにぎり』は、武士が携帯する握り飯を、こちらも丁寧に『お』をつけて『おにぎり』と呼ばれるようになったと言われています。

 

スポンサーリンク

 

【補足】おにぎりを英語で言うと?

英語では『rice ball』といいます。

ご飯を握ってボールのような形にすることから、そう呼ばれるようになったようです。

言いたいことはわかりますが、コンビニにもあるように三角形のものの方がよく見かける日本人にとっては、ちょっとだけ違和感がありますね。

 

スポンサーリンク