パスタとスパゲッティの違い

ここ10~15年くらいで急に広まった言葉の一つと言えば、『パスタ』もその一つに入るのではないでしょうか?

スパゲッティのことをパスタと呼ぶようになったのは、いつからかはわかりませんが、つい最近のことのように思います。

昔はスパゲッティはスパゲッティでしたよね。

パスタとスパゲッティの2つには明確な違いがあるのでしょうか?

 

パスタとスパゲッティの違い

スパゲッティ
By: Junya Ogura

パスタとは

小麦粉をこねて作る、イタリアの麺類の総称

です。

なので、マカロニやペンネ、ラビオリといった小さく短いものも全てパスタの一種です。

 

一方、スパゲッティはパスタの種類の1つで、

細長く中が空洞ではない麺のこと

です。

つまり、パスタ=スパゲッティではなく、スパゲッティはパスタの一部だということです。

 

ちなみに、スパゲティの語源は【ひも】を意味するイタリア語である『spago』に修飾辞のついた形(spaghetto)の複数形です。

太さは2mm弱のものを表わすそうですよ。

少し太い物(2mm強)をスパゲットーニ (spaghettoni) またはヴェルミチェッリ (vermicelli)
少し細い物(1.6mm前後)をスパゲッティーニ (spaghettini)
さらに細い物(1.3mm – 1.5mm程度)をフェデリーニ (fedelini)
1.2mm未満の物をカペッリーニ (capellini)

という使い分けがあるそうです。

 

スポンサーリンク