『ムンクの叫び』の人は叫んでいない!

世界的に有名な絵画といえば、いくつかあると思いますが、その中の一つに『ムンクの叫び』が必ず挙がってくると思います。

誰もがあの顔と仕草を真似できるほど有名ですよね。

そして、絵画作品の題名でもある『叫び』もかなり知名度があるはずです。

 

しかし、実はあの描かれた人物が、実は叫んでいないということはご存知でしたか?

 

ムンクの叫びの人は叫んでいるのではなく…

ムンクの叫び
By: Mark Barry

『叫び』が描かれたのは1893年です。

同時期に描かれた『接吻』『吸血鬼』などとともに、作者のムンクは『フリーズ・オブ・ライフ(生のシリーズ)』と名付けていました。

このシリーズのテーマとして掲げられていたのが、愛と死不安です。

 

あるとき散歩をしていたムンクは、

「自然をつらぬく大きな永遠の叫びを感じた」

という言葉を残しています。

それを絵にしたのが、あの有名な作品『叫び』です。

 

あの絵の人物は叫んでいるのではなく、

『自然をつらぬく大きな永遠の叫び』

を聞いておののいているというのが真相です。

つまり、叫びを聞いている側ということですね。

確かに良く見ると、叫ぶというより、恐怖におびえているようにも見えます。

 

スポンサーリンク