メロンの網目模様ってどうやってできる?【一分間雑学】

メロンと言えば、高級なイメージを持つ食材として有名です。

旬の時期は5~8月ですが、最近はハウス栽培の影響からか年中売られているのを見ますよね。

 

マスクメロン、アンデスメロン、夕張メロン・・・。

種類によって違いますが、そんなメロンの特徴の1つが、表面の網目模様

これってどうやってできるか知っていますか?

 

マスクメロン、メロンの網目模様はどうやってできる?
By: Gilgongo

 

メロンの網目は自然とできる

実は、メロンの網目模様は傷を治そうとしてできる跡というのが正解。

つまり、自然とできるものなんですね。

 

メロンの皮は、ある程度大きくなると成長が止まります。

しかし、中身の果肉は成長を続けるので、やがて皮に亀裂が入ってしまいます。

この亀裂を塞ごうとして結合組織が働き、人間でいうと『かさぶた』のようになるのが網目の正体です。

 

スポンサーリンク

【補足】メロン生産量NO.1は北海道ではなく・・・

夕張メロンが有名だからか、メロンといえば北海道のイメージがありますが、実は都道府県ごとに見ると、茨城県が最も生産量が多いようです。

 

メロンの都道府県別生産量(2015年:農林水産省調べ)

1. 茨城県 37,100t

2. 北海道 25,400t

3. 熊本県 22,500t

 

以下、山形県(12,600t)青森県(10,100t)と続きます。

茨城県が1位なのも驚きですが、熊本が3位で北海道と大差ないことにも驚きですね。

 

スポンサーリンク