紙幣の歴史は中国から始まった

生活に欠かせないものはいくつもありますが、現代社会で生きるために欠かせないものがお金です。

お金には硬貨と紙幣がありますが、たまにデザインが大きく変わるのは紙幣ですよね。

ここでは、紙幣の歴史に目を向けてみましょう。

 

紙幣の歴史・起源は中国から

一万円札
By: http://klarititemplateshop.com/

世界で最初に紙幣が登場したのは、中国の宋の時代(960年 – 1279年)のことです。

それまで紙幣価値の異なる銅銭と鉄銭で商売していましたが、それではやりづらいために、一律の価値を持つ紙幣(交子)が作られました。

 

日本国内では1600年頃にできた『山田羽書』(はがき)が最初の紙幣でした。

重くかさばる効果の代わりに、預かり手形として使われていたのが始まりです。

宋の交子に次いで古い紙幣とされています。

 

江戸時代に入ると、藩ごとに作られる『藩札』が登場します。

そして、日本全国共通の紙幣が登場したのは1868年のことで、時代が江戸から明治に移ったときのことです。

 

長い歴史でさまざまな変化を遂げた紙幣ですが、使うだけではなく、たまにはその歴史を振り返ってみるのも面白いかもしれません。

 

スポンサーリンク