自動改札が最初に導入されたのはどの駅?

Suica・ICOCAのような非接触型ICカードがなかった昔は、電車に乗るのに必ず切符を買っていましたね。

そして、もう少し遡ると自動改札機がなかったため、駅員さんが切符にハサミを入れたり、スタンプを押したりしていました。

その手間を省き、改札をよりスムーズにしてくれた自動改札機ですが、最初に導入されたのはどこの駅かご存知ですか?

 

自動改札機が最初に導入された駅

自動改札機
By: ayako

無人改札のシステムは、実は戦前からありました。

東京地下鉄道(現在の東京メトロ銀座線)は運賃が一律だったので、改札にお金を入れてゲートを回転させるという仕組みでした。

 

現在のような切符を投入する自動改札がお目見えしたのは、1967年のことです。

大阪万博の開催に合わせて阪急北千里駅に設置されたのが、日本での第一号になりまいsた。

 

その後、関西では自動改札が増えていきましたが、東京や関東圏ではなかなか普及しませんでした。

その理由は、関東(特に都心)の電車は、連絡会社が多いせいです。

「あっちの電車では改札に通せたのに、こっちの電車では通らない」

ということが多発したからです。

 

そんなこともあって、JR山手線に本格的に自動改札が導入されたのは、1990年になってからです。

こうやってみると、つい最近のことなんですね。

 

スポンサーリンク